きこまろみろみ

よくある質問

施術風景
初めてロミロミを受ける方からの良くある質問をまとめました。

 

 

ハワイアンロミロミとは?

オイルで波が流れる様に手のひらや腕を使いコリや筋肉の疲労をほぐしながら、老廃物やエネルギーをクリアにしていきます。ハワイでは伝統的な治療法としておこなわれてきました。「ロミロミ」はハワイ語で「揉む」や「マッサージをする」という意味です。身体や心の疲れを感じている方に特にお勧めです。
当きこまろみろみでは特に日本の疲労が溜まっている方々が好むロミロミのスタイルかと思っております。アロマやオイルによって自律神経を調整してリラックスを感じられる以外にも、翌朝身体が軽くなるという反応を良く頂いております。

ロミロミとアロマトリートメントとの違いは?

一般的にアロマトリートメントの目的は精油を身体の中に浸透させることです。故に肌の浅層にアプローチをする為にタッチが柔らかくやさしいものになります。きこまろみろみでは精油を希釈した植物オイルやワックスを使用しておりますが、手技はロミロミベースの力強いものとなります。勿論体内にアロマも浸透しますし、香りも楽しめるものとなっております。力強いからといって施術中常に痛みを伴うわけではございません。ロングコースになると殆どの方が眠りに落ちるくらいですので、波にゆったり浮かぶような感覚を楽しんでいただけるかと思います。

どんな格好でおこなうの?持ち物は?

ロミロミ、マタニティーはショーツ1枚(ご自信のものもしくはこちらで紙ショーツのご用意がございます)でおこなっていきます。施術中はトリートメント部位以外はしっかりタオルで隠していきますので安心して下さい。
タイ古式は全身、リフレクソロジーは下半身をこちらでご用意した衣装に着替えて頂きます(下着は着用していて大丈夫です)。
フェイシャルはデコルテ部分までオイルで流しますので、上半身のみエステガウンに着替えて頂きます。
よもぎ蒸しは全身何もまといません。ポンチョに着替えて頂き、専用の椅子に座って蒸気を体内に取り込んでいきます。
持ち物は特にはございませんが、必要な方は化粧道具(お顔のトリートメントがなくてもうつ伏せで長時間タオルに顔を埋めます)、またトリートメント後水分をしっかりとって頂くという点で、ご帰宅に時間がかかる方はお水をお持ちいただくと良いかと思われます。

マタニティートリートメントとロミロミの違い

マタニティートリートメントは安定期の健康な妊婦さん向けのメニューです。勿論一般の方でも受けられますが、ロミロミよりずっとソフトタッチでやさしく、より浅層で体液を流していきます。腕や強い圧は一切使わず、手のひらだけでやさしくおこなっていきます。時間も妊婦さんの体調に合わせて45分前後が目安となっております。仰向け、側臥位の組み合わせでおこなっていきます。また精油の濃度も低め、ブレンドも2種類ですすめております。

生理中でも大丈夫?

血流が良くなると一時的に出血の量が増えたり致します。気持ちの面でも心配な方は重い日に当たらない様に予約をお勧めしておりますが、身体から余分なものが出る時期になりますので逆に気になる症状のケアやデトックスをご希望の方はご相談下さい。施術内容なども考慮しておこなっていきます。

終わった後利用できるシャワーはありますか?

シャワーはございませんが、オイルを使うトリートメントは最後にホットタオルでのふき取りをおこなっています。オイルはどんどん肌に浸透していきますので帰る時までベタベタすることもありません。オーガニックのオイルは保湿、皮膚軟化作用など肌に良い影響を与えるものを選んでおります。もしも帰宅後に酸化したオイルが残って皮膚が痒くなったりした際には、冷たいタオルでやさしくふき取ってください。

飲酒や食事直後に受けても大丈夫ですか?

飲酒は酔いが回りやすくなり、体調や気分を害する可能性が高いのでお断りしております。食事は30分以上前には終わらせてからご来店下さい。消化に使われていた血液がトリートメントによって体内を循環し始めることにより、まれに消化不良をおこす心配があります。


 
プロフィール メニュー&価格 マタニティ ベビマタ まろみブログ Q&A ギフトチケット Mail